事業 相続/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|事業 相続

事業 相続

免税事業者である人が、相続によって事業を承継した場合は、相続があった年の基準期間における被相続人の課税売上高が「1,000万円以下」であれば、相続があった年の納税義務が免除となります。ただし、もしも相続人が課税事業者を選択している場合は免除になりません。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 事業承継 相談事業承継 相談

    事業承継については、国が運営している東京事業承継相談センターの他に...

  • 中小企業 セミナー中小企業 セミナー

    平成27年の相続税改正に伴い、中小企業向けの相続セミナーが各地で増...

  • 中小企業の中小企業の

    中小企業の相続対策は、経営者個人の遺産相続という側面と、企業の事業...

  • 後継者育成セミナー後継者育成セミナー

    早い段階で後継者の選定ができた場合は、実際に事業承継を実施する前に...

  • 遺産相続 所得税遺産相続 所得税

    相続財産に対しては、相続税は課税されますが所得税は課税されません。...

  • 国税調査とは国税調査とは

    提出された申告書の内容に間違いがないか、実際に納税者の自宅や企業ま...

  • 中小企業サポート中小企業サポート

    ~中小企業のサポートを行う主な専門家とその内容~ 中小企業のサポー...

  • コンサルタント 中小企業コンサルタント 中小企業

    中小企業のコンサルタントとしては、税理士、会計士、弁護士、中小企業...

  • 中小企業 人材中小企業 人材

    中小企業の事業承継において大切なことは、後継者となる人材の育成です...

事業 相続|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ