事業 相続/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|事業 相続

事業 相続

免税事業者である人が、相続によって事業を承継した場合は、相続があった年の基準期間における被相続人の課税売上高が「1,000万円以下」であれば、相続があった年の納税義務が免除となります。ただし、もしも相続人が課税事業者を選択している場合は免除になりません。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 中小企業サポート中小企業サポート

    ~中小企業のサポートを行う主な専門家とその内容~ 中小企業のサポー...

  • 相続財産の有効活用相続財産の有効活用

    将来次の世代へと引き継ぐことになる「相続財産」を、生前に有効活用す...

  • 税務申告 法人税務申告 法人

    法人税の納付方法には、税務署での納税の他にも納付書によって銀行など...

  • 遺産相続 所得税遺産相続 所得税

    相続財産に対しては、相続税は課税されますが所得税は課税されません。...

  • 事業継承事業継承

    中小企業の主な事業継承形態としては、主に以下のような種類があります...

  • 相続分相続分

    相続人が相続できる法定相続分は、相続人の構成によって民法で次のよう...

  • 事業承継コンサルティング事業承継コンサルティング

    事業承継は、税法や会社法などの法律が密接に関わる非常に高度な専門知...

  • セカンドオピニオン セカンドオピニオン

    相続税の申告は、通常の確定申告と違い非常に高度な税務知識と実務経験...

  • M&A支援M&A支援

    M&Aによる事業譲渡は、売手と買手のニーズが一致する必要があります...

事業 相続|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ