社長の相続/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|社長の相続

社長の相続

オーナー社長が死亡した場合は、社長という地位を相続人が直接承継するのではなく、社長が所有していた自社株式を相続することによって正式に後継者となります。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 税務システム税務システム

    法人税、所得税、相続税の税務申告や、給与計算、減価償却などの税務処...

  • M&AについてM&Aについて

    相続人が事業を継承することができない場合は、その事業を引き継いでく...

  • 中小企業のM&A中小企業のM&A

    中小企業のM&Aは、主に後継者対策や事業承継対策として用いられるほ...

  • 事業承継・早目の対策が必要が理由事業承継・早目の対...

    事業承継対策は、単なる事業承継のための準備としてだけではなく、「事...

  • 税務コンサルティング税務コンサルティング

    税務コンサルティングとは、税務や税法に詳しくない納税者が正確かつ効...

  • 相続財産目録相続財産目録

    ~財産目録を作成する目的~ 1:財産の全容を把握することで、遺産分...

  • 税務申告 法人税務申告 法人

    法人税の納付方法には、税務署での納税の他にも納付書によって銀行など...

  • 持株会社を利用した事業承継対策持株会社を利用した...

    ●持株会社のメリット 自社株式対策として、純粋持株会社を新たに設立...

  • 分割協議分割協議

    遺産相続が発生した場合、相続人全員の参加によって遺産分割協議を行い...

社長の相続|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ