未成年 相続/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|未成年 相続

未成年 相続

相続人に未成年者である子供が含まれている場合は、法定代理人と利益が相反するため、両親が代理人となって遺産分割協議に参加することができません。そのためこの場合は、別途家庭裁判所に対して「特別代理人」の選任を請求しなければなりません。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 相続税改正に伴う相続税の計算相続税改正に伴う相...

    平成27年1月より相続税の基礎控除額が、下記のとおり大幅に引き下げ...

  • 生命保険を活用した相続対策生命保険を活用した...

    〜生命保険を利用して納税資金を準備するメリットとは〜 相続税対策の...

  • 税務相談 確定申告税務相談 確定申告

    2箇所以上から給与を得ている場合や、不動産収入がある場合などは確定...

  • 中小企業 税理士中小企業 税理士

    税理士が中小企業の会計業務をサポートするうえで作成する書類として、...

  • M&AセンターM&Aセンター

    日本M&Aセンターとは、M&Aによって企業の存続と発展に貢献するこ...

  • M&A事業M&A事業

    M&Aによる事業譲渡は、後継者が不在の企業にとって非常に有効な対策...

  • 公認会計事務所公認会計事務所

    公認会計事務所とは、国家資格である公認会計士が運営する事務所です。...

  • 中小企業M&Aサポート中小企業M&Aサポート

    中小企業のM&Aは、売手と買手を結びつけるコンサルタントの存在がと...

  • 中小企業 事業継承中小企業 事業継承

    中小企業の事業継承は、早い段階から計画的に実施する必要があります。...

未成年 相続|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ