未成年 相続/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|未成年 相続

未成年 相続

相続人に未成年者である子供が含まれている場合は、法定代理人と利益が相反するため、両親が代理人となって遺産分割協議に参加することができません。そのためこの場合は、別途家庭裁判所に対して「特別代理人」の選任を請求しなければなりません。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 中小企業 コンサルティング会社中小企業 コンサル...

    中小企業向けのコンサルティング会社には、さまざまな種類があります。...

  • 登記 相続登記 相続

    不動産を相続した場合は、「相続登記」をする必要があります。 相続登...

  • 中小企業向け中小企業向け

    中小企業向けの相続対策としては、後継者への株式移転とそれに伴う株価...

  • 相続税改正に伴う相続税の計算相続税改正に伴う相...

    平成27年1月より相続税の基礎控除額が、下記のとおり大幅に引き下げ...

  • 経営コンサルタント 中小企業経営コンサルタント...

    企業経営のコンサルティングを仕事とする人を「経営コンサルタント」と...

  • 事業継承 税金事業継承 税金

    事業を継承するには、現経営者が保有している自社株式を後継者に移転す...

  • 事業承継税制とは事業承継税制とは

    平成21年4月から施行されている「相続税の納税猶予制度」と「贈与税...

  • 税務申告書税務申告書

    企業が作成する税務申告書には下記のようなものがあります。 ●法人税...

  • 事業承継税務事業承継税務

    スムーズな事業承継を実現するために必ず検討しなければならないことが...

未成年 相続|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ