内縁 相続/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|内縁 相続

内縁 相続

被相続人と内縁関係にあったとしても、正式に婚姻し戸籍上夫婦として成立していなければ、いかに深い内縁関係だったとしても相続人になることはできません。但し、被相続人に法定相続人がいない場合は、「特別縁故者」として請求することで財産分与が認められる場合があります。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 税務調査税理士報酬税務調査税理士報酬

    税務調査を税理士に依頼した場合の税理士報酬については、大きく分けて...

  • コンサルティング事業コンサルティング事業

    コンサルティング事業とは、企業の経営コンサルティングそれ自体を業と...

  • 事業承継 中小企業事業承継 中小企業

    中小企業は、経営者が自ら主体となって事業承継対策に取り組むことが大...

  • 決算書 申告書決算書 申告書

    企業が作成しなければならない決算書には、次の3つのものがあります。...

  • M&AについてM&Aについて

    相続人が事業を継承することができない場合は、その事業を引き継いでく...

  • 相続 必要書類相続 必要書類

    遺産を相続する際に必要となりうる書類は下記の通りです。 ●遺産分割...

  • 賃貸住宅の建築賃貸住宅の建築

    〜賃貸住宅の建築による、相続税対策〜 更地など遊休地を所有している...

  • 事業承継 相談事業承継 相談

    事業承継については、国が運営している東京事業承継相談センターの他に...

  • 後継者育成セミナー後継者育成セミナー

    早い段階で後継者の選定ができた場合は、実際に事業承継を実施する前に...

内縁 相続|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ