登記 相続/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|登記 相続

登記 相続

不動産を相続した場合は、「相続登記」をする必要があります。
相続登記とは、被相続人名義から相続人名義に変更する登記のことを指します。登記は法的義務ではありませんが、相続後は速やかに相続登記をすることをお勧めします。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 中小企業 経営コンサルタント中小企業 経営コン...

    中小企業の経営コンサルタントとしては、経営コンサルタント会社の他、...

  • 株式の相続株式の相続

    上場株の場合は、市場取引相場をもとに評価額を割り出し相続税を計算し...

  • 事業継承 事業承継事業継承 事業承継

    ●事業承継と事業継承の違いとは? 事業承継も事業継承もよく使われる...

  • 税理士 節税税理士 節税

    資産状況や家族構成などによって、最適と言える節税対策は大きく変わっ...

  • 使用貸借 相続使用貸借 相続

    使用貸借とは、土地などの目的物を「無償」で使用収益出来る権利のこと...

  • 税務申告 法人税務申告 法人

    法人税の納付方法には、税務署での納税の他にも納付書によって銀行など...

  • 税務 セミナー 東京税務 セミナー 東京

    税務セミナーは中小企業の経営者、および会計担当者が正しい税務知識、...

  • セミナー事業セミナー事業

    昨今ではセミナー運営会社によって、事業経営に関するさまざまなセミナ...

  • 中小企業向け中小企業向け

    中小企業向けの相続対策としては、後継者への株式移転とそれに伴う株価...

登記 相続|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ