登記 相続/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|登記 相続

登記 相続

不動産を相続した場合は、「相続登記」をする必要があります。
相続登記とは、被相続人名義から相続人名義に変更する登記のことを指します。登記は法的義務ではありませんが、相続後は速やかに相続登記をすることをお勧めします。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • M&AするM&Aする

    M&Aを実現するには、事業を売却する売手側と事業を引き継ぐ買手側を...

  • 相続 必要書類相続 必要書類

    遺産を相続する際に必要となりうる書類は下記の通りです。 ●遺産分割...

  • コンサルティング事業コンサルティング事業

    コンサルティング事業とは、企業の経営コンサルティングそれ自体を業と...

  • 税務コンサルタント税務コンサルタント

    税務コンサルタントとは、税理士や会計士のような国家資格ではなく、一...

  • 中小企業相談センター中小企業相談センター

    中小企業の経営について相談する窓口として、中小企業庁が運営する「中...

  • 税務 セミナー税務 セミナー

    日々の会計業務を効率的かつ最適化するためには、税理士や会計士が主催...

  • 未成年 相続未成年 相続

    相続人に未成年者である子供が含まれている場合は、法定代理人と利益が...

  • 事業の継承事業の継承

    事業の継承にはさまざまな形態があります。家族や社員に株式を移転する...

  • 事業承継税務事業承継税務

    スムーズな事業承継を実現するために必ず検討しなければならないことが...

登記 相続|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ