登記 相続/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|登記 相続

登記 相続

不動産を相続した場合は、「相続登記」をする必要があります。
相続登記とは、被相続人名義から相続人名義に変更する登記のことを指します。登記は法的義務ではありませんが、相続後は速やかに相続登記をすることをお勧めします。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • セミナー事業セミナー事業

    昨今ではセミナー運営会社によって、事業経営に関するさまざまなセミナ...

  • M&AセンターM&Aセンター

    日本M&Aセンターとは、M&Aによって企業の存続と発展に貢献するこ...

  • 税務 セミナー税務 セミナー

    日々の会計業務を効率的かつ最適化するためには、税理士や会計士が主催...

  • 事業承継コンサルティング事業承継コンサルティング

    事業承継は、税法や会社法などの法律が密接に関わる非常に高度な専門知...

  • 事業継承事業継承

    中小企業の主な事業継承形態としては、主に以下のような種類があります...

  • 事業承継対策事業承継対策

    事業承継対策は、長期的な計画性をもって実施することでより大きな効果...

  • 税務相談税務相談

    税理士が行う業務のうち、何かを直接作成したり、提出、申請、請求した...

  • 相続財産目録相続財産目録

    ~財産目録を作成する目的~ 1:財産の全容を把握することで、遺産分...

  • 事業継承とは事業継承とは

    事業継承とは、現経営者から後継者へ事業の引き継ぎを行うことで、主に...

登記 相続|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ