事業継承 税金/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|事業継承 税金

事業継承 税金

事業を継承するには、現経営者が保有している自社株式を後継者に移転する必要があります。株式の移転には、贈与、譲渡、相続などの方法があり、それぞれ贈与税、所得税、相続税が発生します。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 新会計基準対応 新会計基準対応

    〜新会計基準とは〜 従来までの日本の会計基準を国際基準に近づけるた...

  • 中小企業の中小企業の

    中小企業の相続対策は、経営者個人の遺産相続という側面と、企業の事業...

  • 国税調査とは国税調査とは

    提出された申告書の内容に間違いがないか、実際に納税者の自宅や企業ま...

  • 中小企業 事業継承中小企業 事業継承

    中小企業の事業継承は、早い段階から計画的に実施する必要があります。...

  • 中小企業 相続中小企業 相続

    もしも中小企業において現経営者が死亡すると、遺産相続の問題が発生し...

  • 税務会計事務所税務会計事務所

    税務会計事務所は、税理士や会計士が運営する事務所の呼び方です。税務...

  • 事業承継・早目の対策が必要が理由事業承継・早目の対...

    事業承継対策は、単なる事業承継のための準備としてだけではなく、「事...

  • 相続税改正に伴う相続税の計算相続税改正に伴う相...

    平成27年1月より相続税の基礎控除額が、下記のとおり大幅に引き下げ...

  • 債務の相続債務の相続

    相続はプラスの財産だけではなく、マイナスの財産(債務)も相続の対象...

事業継承 税金|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ