相続/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

相続に関する遺言書作成、納税資金対策、争族対策、税務会計の対応はアシスト合同事務所にお任せ下さい。

相続に関する基礎知識や事例
  • 相続税対策相続税対策

    〜相続税対策の3つのポイントとは〜 数ある税金の中でも、相続税は事前にさまざまな対策を複合的に実施しておく事で、発生する税金を大幅に抑える事が可能となります。相続・事業承継. 相続対策を検討する...

  • 相続税改正のポイント相続税改正のポイント

    〜相続税改正で何が変わった?〜 平成27年1月から相続税制が改正され、大きな話題を呼んでいます。改正のポイントは大きく分けて2つあります。 ■基礎控除枠の縮小 まず、一番注目すべきは、従来まであ...

  • 生命保険を活用した相続対策生命保険を活用した相続対策

    〜生命保険を利用して納税資金を準備するメリットとは〜 相続税対策の一つである「納税資金対策」の切り札となるのが、この生命保険を活用した対策です。では具体的に生命保険を活用するメリットにはどのよう...

  • 養子縁組による相続税対策養子縁組による相続税対策

    〜養子縁組のもたらす、相続税対策上の効果とは〜 相続税対策の一つとして「養子縁組」を利用するケースがあります。一見養子縁組と相続税は関係がないようにも聞こえますが、実は大きな関連性があります。 ...

  • 生前贈与生前贈与

    〜相続税対策に大きな効果を発揮する「生前贈与」とは?〜 ■生前贈与とは 相続が発生した際に相続財産が多いと、より多くの相続税が発生します。そこで、相続が発生する前に、次の世代へ円滑に財産を移...

  • 賃貸住宅の建築賃貸住宅の建築

    〜賃貸住宅の建築による、相続税対策〜 更地など遊休地を所有している場合は、そこにアパートやマンションなどの賃貸住宅を建築する事で、相続税を抑えることができます。一見すると、更地が賃貸住宅に変われ...

  • 小規模宅地の特例小規模宅地の特例

    一家の大黒柱がお亡くなりになられ、相続が開始した場合に、残されたご家族が居住する自宅にまで通常通りの相続税が課税されるとすると、最悪の場合、相続税を支払うために、自宅を手放さなければならなくなる...

  • 相続財産の有効活用相続財産の有効活用

    将来次の世代へと引き継ぐことになる「相続財産」を、生前に有効活用する事でより多くの資産を残せるとともに、相続税の課税負担を最小限に抑えることができます。 相続財産の有効活用として最も効果があるの...

  • 相続税申告相続税申告

    相続税の申告手続きは、確定申告などと違い非常に高度なお手続きになります。相続税はすべての人に課税されるわけではありません。一定の要件に当てはまった場合にのみ申告の必要性があります。相続開始から申...

  • 相続開始後の手続きの流れ相続開始後の手続きの流れ

    遺産相続が発生しますと、さまざまなお手続きを限られた期限までに行わなければなりません。その順序を間違えたり、抜けたりしますと、再度やり直さなければならなくなる危険性がありますので、相続開始後は慎...

  • 税務調査とは税務調査とは

    税務署に税金の申告を行いますと、税務署側がその申告内容が事実に照らして正しいかどうかをチェックします。この際に行われる調査を「税務調査」と言います。相続税の申告に対して行われる税務調査は、相続法...

  • 税務調査されるケースとは税務調査されるケースとは

    税務調査の対象は税務署が無作為に選んでいるわけではなく、ちゃんとした根拠をもって調査に入っています。実際、相続税申告に対する税務調査は他の税務申告に比べてその比率は高く、相続税申告全体の約70%...

  • 経営・事業承継についてのご相談経営・事業承継についてのご相談

    事業承継とは、次の世代へと経営者の座を承継する事で、これを円滑に進めるために行う対策を「事業承継対策」と言います。事業承継対策は、主にいくつかのポイントがあります。 ■後継者の選定と育成 事業承...

  • 事業承継・早目の対策が必要が理由事業承継・早目の対策が必要が理由

    事業承継対策は、単なる事業承継のための準備としてだけではなく、「事業戦略」の一つとして捉え対策を講じていくことがとても重要です。ではなぜ、早めから対策を実施する必要があるのでしょうか。 ■事業...

  • アシスト合同事務所の強みアシスト合同事務所の強み

    アシスト合同事務所の一番の強みは、独自のネットワークを活かした、相続のトータルサポートです。アシスト合同事務所は、それぞれ得意分野を持つ3つの組織がタッグを組んで、より質の高いサービスを実現して...

  • セカンドオピニオン セカンドオピニオン

    相続税の申告は、通常の確定申告と違い非常に高度な税務知識と実務経験を必要とします。特に不動産の評価が適切にされていない場合は、必要以上に高い相続税を知らず知らずのうちに支払っている可能性がありま...

  • 株式の相続株式の相続

    上場株の場合は、市場取引相場をもとに評価額を割り出し相続税を計算しますが、非上場株の場合はこういった市場相場がないため、原則的評価方式、配当還元方式、類似業種比準価額方式、純資産価額方式、などの...

  • 相続税改正に伴う相続税の計算相続税改正に伴う相続税の計算

    平成27年1月より相続税の基礎控除額が、下記のとおり大幅に引き下げられたため注意が必要です。 ●改正前 基礎控除額・・・5,000万円+1,000万円×法定相続人の数 ●改正後 基礎控除額・・・...

  • 相続財産目録相続財産目録

    ~財産目録を作成する目的~ 1:財産の全容を把握することで、遺産分割協議の基礎資料とし、後から漏れが発覚し協議をやり直す事態を防止しするため。 2:相続税が発生するかどうかの確認と、相続税額を計...

  • 相続 必要書類相続 必要書類

    遺産を相続する際に必要となりうる書類は下記の通りです。 ●遺産分割協議書(弁護士、司法書士、行政書士などが作成) ●被相続人の除籍謄本、全部事項証明書 ●相続人全員の全部事項証明書 ●相続人全員...

  • 債務の相続債務の相続

    相続はプラスの財産だけではなく、マイナスの財産(債務)も相続の対象となります。万が一債務超過の場合は、相続放棄のお手続きをしなければ、借金を相続してしまう可能性がありますので注意が必要です。

  • 相続 養子相続 養子

    養子は遺産相続において、実子と全く同じに扱われます。また、養子に行ったとしても、実の両親との親子関係は残ります。よって、養子は養親と実の両親の両方の財産を相続することができるのです。但し、相続税...

  • 分割協議分割協議

    遺産相続が発生した場合、相続人全員の参加によって遺産分割協議を行い、各相続人の相続する財産を確定させなければなりません。相続人全員が一同に会することが難しい場合は、手紙や電話によって意見をまとめ...

  • 贈与税贈与税

    生前に財産を他人に譲り渡した場合は「贈与税」がかかります。但し、贈与税には下記のような控除制度が設けられているためこれらの範囲内の贈与であれば、贈与税が免除、軽減されます。 ■主な贈与税の控除制...

  • 相続税軽減相続税軽減

    相続税を軽減する方法には、以下のようなものがあります。 ●生前贈与 相続財産を減らすために、生前に財産の移転を行い相続税を軽減します。 ●土地の有効活用 遊休地にマンションやアパートを建築して賃...

  • 再婚 相続再婚 相続

    再婚している場合でも、前妻との間に子供がいる場合は、その子供にも、本妻や本妻との間の子供と同様にあなたの遺産を相続する権利があります。 例えば本妻、本妻の子供、前妻の子供の計3人が相続人の場合、...

  • 生前贈与 税率生前贈与 税率

    生前贈与の際にかかる贈与税は、贈与する金額に応じて税率が変わります。 通常の贈与であれば、贈与税の基礎控除110万円を引いた額が200万円以下であれば10%で、最も高い税率が3000万円を超える...

  • 相続税 相続人相続税 相続人

    相続税の計算方法 1:相続税の課税価格を算出する。 相続財産のすべての価格を合計します。これには生命保険金や過去3年以内の贈与も含まれます。そこから、下記項目に当てはまるものが控除され、課税価格...

  • 戸籍 相続戸籍 相続

    相続が発生した際は、被相続人の死亡時から出生まで遡って戸籍謄本や除籍謄本を取得しなければなりません。これにより法定相続人となる人物を正確に把握することが出来ます。

  • 遺産贈与税遺産贈与税

    贈与税は、贈与する金額に応じて税率が変わります。これを暦年課税と言います。 通常の贈与であれば、贈与税の基礎控除110万円を引いた額が200万円以下であれば10%で、最も高い税率が3000万円を...

  • 税理士 節税税理士 節税

    資産状況や家族構成などによって、最適と言える節税対策は大きく変わってきます。これらを見極められるのは、相続経験が豊富な税理士なのです。

  • 相続税 贈与相続税 贈与

    相続税を軽減するオーソドックスな方法は、生前贈与です。予め財産を移転しておくことで、相続税の課税対象となる財産を減らすことができます。 ■主な贈与税の控除制度 ●基礎控除(110万円/年) ●夫...

  • 墓地 相続墓地 相続

    お墓や墓地は祭祀財産となり、相続税は課税されません。そのため、予め被相続人の財産で墓地を購入しておけば、相続税を節税することができます。

  • 遺産相続 順位遺産相続 順位

    相続人となれる者は、民法によって定められており、次のような優先順位となっています。なお、被相続人の配偶者は常に相続人となります。 ●第一順位:子供 ●第二順位:直系尊族(被相続人の両親) ●第三...

  • 相続分相続分

    相続人が相続できる法定相続分は、相続人の構成によって民法で次のように定められています。 ●配偶者のみの場合は、すべてを相続する。 ●配偶者1/2・子1/2 ●配偶者2/3・直系尊族1/3 ●配偶...

  • 保険金 相続保険金 相続

    保険金は相続財産には含まれず、保険契約時に定めた「保険金受取人」固有の財産となります。但し、保険料を被相続人が負担していた場合は、相続税の課税対象となります。また、生命保険金には、「500万円×...

  • 年金 相続年金 相続

    国民年金、厚生年金の支給は後払い制のため、年金受給者が死亡した場合は、未支給年金が発生します。この未支給年金は、相続財産には含まれず、受取人固有の財産となります。なお、未支給年金の受取人となれる...

  • 遺産相続 所得税遺産相続 所得税

    相続財産に対しては、相続税は課税されますが所得税は課税されません。また、相続が発生した際は、死亡の日から4ヶ月以内に、相続人全員によって被相続人の確定申告である「準確定申告」をしなければなりませ...

  • 相続税 改正相続税 改正

    平成27年からの相続税の改正点について 1:基礎控除 ●改正前 基礎控除額・・・5,000万円+1,000万円×法定相続人の数 ●改正後 基礎控除額・・・3,000万円+600万円×法定相続人の...

  • 株 相続株 相続

    株式も相続財産となり遺産分割の対象となります。例え譲渡制限株式でも相続のような一般承継の場合は、譲渡制限の対象とはなりません。また、上場株を相続する場合は、次のいずれかの価額によって相続税を計算...

  • 社長の相続社長の相続

    オーナー社長が死亡した場合は、社長という地位を相続人が直接承継するのではなく、社長が所有していた自社株式を相続することによって正式に後継者となります。

  • 未成年 相続未成年 相続

    相続人に未成年者である子供が含まれている場合は、法定代理人と利益が相反するため、両親が代理人となって遺産分割協議に参加することができません。そのためこの場合は、別途家庭裁判所に対して「特別代理人...

  • 内縁 相続内縁 相続

    被相続人と内縁関係にあったとしても、正式に婚姻し戸籍上夫婦として成立していなければ、いかに深い内縁関係だったとしても相続人になることはできません。但し、被相続人に法定相続人がいない場合は、「特別...

  • 贈与 手続き贈与 手続き

    ~贈与する際の手続きについて~ 財産を他人に贈与する際には、次のようなことに注意して手続きをする必要があります。 ●贈与契約書を作成して記録を残す。 ●不動産を贈与した場合は、その旨必ず登記する...

  • 登記 相続登記 相続

    不動産を相続した場合は、「相続登記」をする必要があります。 相続登記とは、被相続人名義から相続人名義に変更する登記のことを指します。登記は法的義務ではありませんが、相続後は速やかに相続登記をする...

  • 使用貸借 相続使用貸借 相続

    使用貸借とは、土地などの目的物を「無償」で使用収益出来る権利のことです。この使用貸借する権利は、借主が死亡し相続が発生した場合は、相続の対象にはなりません。これは、民法で「使用貸借は「借主の死亡...

  • 贈与税 相続税贈与税 相続税

    ●贈与税とは? 生前に財産を他人に贈与した場合に課税されます。贈与税には年間110万円までの基礎控除額があり、もしもこの金額を超える贈与を受けた場合は、翌年の2月1日から3月15日の間に申告しな...

  • 現状分析と株価評価現状分析と株価評価

    ●相続時の株価評価方法 経営者が死亡した場合は、所有していた自社株式も相続の対象となります。取引相場のない非上場株式は、財産評価基本通達により3つの評価方法が定められています。 1:純資産価額方...

  • 持株会社を利用した事業承継対策持株会社を利用した事業承継対策

    ●持株会社のメリット 自社株式対策として、純粋持株会社を新たに設立する方法があります。純粋持株会社の株式評価は、「純資産価額法」によって評価されます。間接保有することになる会社の株式は、株式移転...

  • 従業員持株会の導入従業員持株会の導入

    ●従業員持株会とは? 会社が従業員に対して自社株式を保有させる制度を従業員持株会と言います。 ●従業員持株会のメリット ・社長が保有する株式の一部を持株会に譲渡することで自社株式の評価を引き下げ...

  • 金庫株の活用金庫株の活用

    ●金庫株とは? 株式を発行した会社自身が取得した株式のことを「自己株式」と言い、これを俗に「金庫株」と呼んでいます。 自社株式を相続することになった相続人が、会社自身に金庫株として買い取ってもら...

  • 株式交換、会社分割、合併等の利用株式交換、会社分割、合併等の利用

    相続に合わせて組織を再編する場合、株式交換、会社分割、合併などの方法があります。組織再編によって会社を分割することで、事業ごとに異なる相続人を後継者としたり、合併によって事業基盤を強化することも...

  • 株式移動に伴う贈与税、譲渡所得税の申告株式移動に伴う贈与税、譲渡所得税の申告

    ●贈与による株式移転 株式の贈与を受けた場合は、贈与税の申告が必要になります。また、譲渡であっても譲渡価額が実際の相続税評価額よりも安い場合は贈与税が課税されます。 ●譲渡による株式移転 株式を...

  • 事業承継とは事業承継とは

    事業承継とは、現経営者から後継者へ事業の引き継ぎを行うことで、主に次の2点がポイントとなります。 ●現経営者が保有する自社株式の移転。 ●後継者の選定や育成、それに合わせた組織再編など。

  • 中小企業 事業承継中小企業 事業承継

    中小企業の主な事業承継形態としては、主に以下のような種類があります。 ●家族承継 相続人の中から後継者を選定します。 ●内部昇格(社内承継) 社内人事により、役職者を昇格させることで後継者としま...

  • 事業承継対策事業承継対策

    事業承継対策は、長期的な計画性をもって実施することでより大きな効果を発揮します。事業承継対策は主に、「株式の相続」という側面と「後継者の選定育成や社内整備」という側面があり、両方をしっかりと対策...

  • 事業承継支援センター事業承継支援センター

    東京事業承継支援センターとは、国が運営する事業承継の相談窓口で、主に中小企業のM&Aの支援を行っています。

  • 事業承継 中小企業事業承継 中小企業

    中小企業は、経営者が自ら主体となって事業承継対策に取り組むことが大切です。事業承継対策を怠ると、事業の存続すら危ぶまれる危険性もあります。早い段階から、計画性を持って実施することが何より重要です。

  • 事業承継コンサルティング事業承継コンサルティング

    事業承継は、税法や会社法などの法律が密接に関わる非常に高度な専門知識が問われる分野です。そのため、事業承継を得意とする税理士、会計士、弁護士などに相談の上、事業承継コンサルタントとしてサポートし...

  • 医療法人 事業承継医療法人 事業承継

    医療法人は、理事長の交代によって事業承継が行われます。そしてそれにあわせて「出資持分」も承継することになります。 医療法人の事業承継の方法としては主に下記の3種類があります。 ●親族間での承継 ...

  • 事業承継 株式事業承継 株式

    事業承継対策において、株式の相続は非常に重要なポイントとなります。取引相場のない非上場株は、会社の経営状況次第で評価額が大幅に変動するため、予め株価の引き下げ対策を実施する必要があります。

  • 事業承継 コンサル事業承継 コンサル

    事業承継のコンサルティングには、主に以下のようなサポートがあります。 ●企業の今現在の財務状況、経営状況の分析 ●事業承継計画書の作成 ●M&Aのマッチングやスキーム設計 ●株式評価とその対策

  • 事業継承 事業承継事業継承 事業承継

    ●事業承継と事業継承の違いとは? 事業承継も事業継承もよく使われる言葉ですが、実は明確にはその意味は異なります。事業承継とは、現経営者の権利義務や財産を受け継ぐことであり、事業継承とは、現経営者...

  • 事業承継 相談事業承継 相談

    事業承継については、国が運営している東京事業承継相談センターの他に、事業承継に精通している税理士、会計士、弁護士などに相談することがお勧めです。

  • M&A 事業承継M&A 事業承継

    事業承継において、後継者が不在の場合はM&Aによって事業を売却するのも一つの選択肢となります。M&Aを検討する場合は、買手先企業との仲介役となる事業承継コンサルタントに相談することをお勧めします。

  • 中小企業経営者のための事業承継対策中小企業経営者のための事業承継対策

    「中小企業経営者のための事業承継対策」とは、独立行政法人中小企業基盤整備機構が、中小企業の経営者が事業承継に対する理解を深め、円滑な事業承継の実現を目的として作成した参考資料で、PDFにて無料で...

  • 事業承継税制とは事業承継税制とは

    平成21年4月から施行されている「相続税の納税猶予制度」と「贈与税の納税猶予制度」をまとめて事業承継税制と呼んでいます。これは、平成20年5月に成立した経営承継円滑化法に基づいて設置された制度です。

  • 事業継承税制事業継承税制

    ~事業継承税制の詳細について~ ●相続税の納税猶予制度 相続によって非上場株を取得し、一定の要件を満たしている場合に、後継者が相続前から既に取得していた議決権株式を含め、発行済完全議決権株式総数...

  • 事業継承事業継承

    中小企業の主な事業継承形態としては、主に以下のような種類があります。 ●家族承継 相続人の中から後継者を選定します。 ●内部昇格(社内承継) 社内人事により、役職者を昇格させることで後継者としま...

  • 事業継承とは事業継承とは

    事業継承とは、現経営者から後継者へ事業の引き継ぎを行うことで、主に次の2点がポイントとなります。 ●現経営者が保有する自社株式の移転。 ●後継者の選定や育成、それに合わせた組織再編など。

  • 事業継承 税金事業継承 税金

    事業を継承するには、現経営者が保有している自社株式を後継者に移転する必要があります。株式の移転には、贈与、譲渡、相続などの方法があり、それぞれ贈与税、所得税、相続税が発生します。

  • 事業の継承事業の継承

    事業の継承にはさまざまな形態があります。家族や社員に株式を移転することで事業を継承する方法もあれば、M&Aによって事業を売却するという選択肢もあります。

  • 中小企業支援中小企業支援

    相続に関連する中小企業向けの支援策としては、以下のようなものがあります。 ●事業承継の実施計画書の作成による中小企業支援 ●分割、合併、譲渡、売却など組織再編による中小企業支援 ●経営者の遺言書...

  • 中小企業 事業継承中小企業 事業継承

    中小企業の事業継承は、早い段階から計画的に実施する必要があります。現経営者の御子息や社内昇格による事業継承や、M&Aによる事業継承などの方法があります。

  • M&A 中小企業M&A 中小企業

    M&Aによる中小企業の事業承継は、すぐに事業の買手が見つかるとは限りません。より良い条件で中小企業のM&Aを実現するためには、できる限り早い段階から買手先の選定を行う必要があります。

  • 中小企業 サイト中小企業 サイト

    中小企業の事業承継を専門に扱うサイトは、税理士事務所、会計事務所、弁護士事務所、経営コンサルタントなどがあります。サイトによって、得意とする業種などもあるため、対策する中小企業の特性にあったサイ...

  • 中小企業 セミナー中小企業 セミナー

    平成27年の相続税改正に伴い、中小企業向けの相続セミナーが各地で増え始めています。セミナーでは、税理士や会計士、中小企業診断士などが相続税改正の解説や節税対策、および事業承継のやり方や手順などに...

  • 中小企業の中小企業の

    中小企業の相続対策は、経営者個人の遺産相続という側面と、企業の事業承継という側面があり、それぞれについて適切な対策が必要です。

  • 中小企業 人材中小企業 人材

    中小企業の事業承継において大切なことは、後継者となる人材の育成です。早い段階で後継者を選定し、その後時間をかけて人材育成を行うことで、経営者として必要な知識をみにつけさせ、スムーズに事業を承継す...

  • 中小企業 コンサルティング中小企業 コンサルティング

    中小企業経営のコンサルティングを行う専門家としては、税理士、会計士、弁護士、中小企業診断士などがあります。

  • 中小企業 相続中小企業 相続

    もしも中小企業において現経営者が死亡すると、遺産相続の問題が発生します。現経営者が保有していた自社株式を相続したものが、後継者として現経営者の後を継ぐことになります。

  • 中小企業サポート中小企業サポート

    ~中小企業のサポートを行う主な専門家とその内容~ 中小企業のサポートは、専門家によって得意とする分野が変わってきます。 ●弁護士…企業法務全般、訴訟対応など。 ●会計士、税理士…財務会計、管理会...

  • 中小企業向け中小企業向け

    中小企業向けの相続対策としては、後継者への株式移転とそれに伴う株価の引き下げ対策などがあります。この他にも、後継者の選定、育成、さらには事業承継に向けた組織再編なども必要となります。

  • 中小企業 相談中小企業 相談

    中小企業の相続に関するご相談については、相続税や贈与税、所得税に関することについては税理士や会計士、遺産分割や遺言に関することについては弁護士がそれぞれ得意としています。

  • 中小企業 コンサルティング会社中小企業 コンサルティング会社

    中小企業向けのコンサルティング会社には、さまざまな種類があります。コンサルティング会社毎に得意とする業種や業態があるため、コンサルティング会社に相談をする際には、これらの点について事前に確認する...

  • 中小企業M&Aサポート中小企業M&Aサポート

    中小企業のM&Aは、売手と買手を結びつけるコンサルタントの存在がとても重要です。M&Aサポートは、それを専門としている税理士、会計士、弁護士などに相談しましょう。

  • 中小企業のM&A中小企業のM&A

    中小企業のM&Aは、主に後継者対策や事業承継対策として用いられるほか、事業拡大や新規事業の立ち上げなどにも利用されます。

  • 中小企業 経営コンサルタント中小企業 経営コンサルタント

    中小企業の経営コンサルタントとしては、経営コンサルタント会社の他、税理士、会計士、弁護士などが経営コンサルティングを請け負うケースもあります。

  • コンサルティング 中小企業コンサルティング 中小企業

    中小企業の場合、経営状態や財務状況を客観的に分析するために、税理士や会計士などに経営コンサルティングを依頼するのが効果的です。

  • 中小企業 経営改善中小企業 経営改善

    中小企業の経営改善を支援する機関として、「経営革新等支援機関」があります。国から認定を受けた、税理士や会計士、弁護士などの専門家が、中小企業からの依頼により経営改善計画を策定し、経営改善を全面的...

  • 中小企業向けコンサルティング会社中小企業向けコンサルティング会社

    中小企業向けのコンサルティング会社は、現在の経営状態の見直しや改善に関するサポートはもちろんの事、事業拡大や新規事業立ち上げにあたってさまざまな支援を行います。

  • 中小企業経営セミナー中小企業経営セミナー

    中小企業の経営者向けに、税理士や会計士、弁護士、経営コンサルタントなどが経営セミナーを行っています。経営セミナーでは、経営管理、会計啓発など企業経営にとって有益な情報が得られます。

  • コンサルタント 中小企業コンサルタント 中小企業

    中小企業のコンサルタントとしては、税理士、会計士、弁護士、中小企業診断士などの専門家がいます。また、経営コンサルティングを専門としているコンサルタント会社もあります。

  • 経営コンサルタント 中小企業経営コンサルタント 中小企業

    企業経営のコンサルティングを仕事とする人を「経営コンサルタント」と言います。法人の場合は、「経営コンサルティングファーム」と呼ぶこともあります。

  • 中小企業相談センター中小企業相談センター

    中小企業の経営について相談する窓口として、中小企業庁が運営する「中小企業支援センター」の他、地域の商工会議所が運営している「中小企業経営相談センター」や弁護士会が行っている「中小企業法律支援セン...

  • 税理士 中小企業税理士 中小企業

    中小企業の財務会計や管理会計は、税理士が最も得意とする分野です。専門家である税理士に中小企業の会計業務をアウトソーシングすることで、財務状況が透明化され、素早い的確な経営判断が可能になります。

  • 中小企業 税理士中小企業 税理士

    税理士が中小企業の会計業務をサポートするうえで作成する書類として、「貸借対照表」や「損益計算書」などがあります。これらの帳票類を参考資料として、経営者が正しい経営判断を行うことが重要です。

  • 経営コンサルティング経営コンサルティング

    経営コンサルティングとは、企業からの依頼に応じて企業経営に関する分析、指導、支援などを行うことを言います。主に、税理士、会計士、弁護士などの他、経営コンサルティング会社がこれを業としています。

  • コンサルティング 経営コンサルティング 経営

    経営とは、基本的には経営者自身が経営状態を分析し判断を下しますが、その過程を専門的な視点から総合的に支援するのが経営コンサルティングの役目です。

  • 企業コンサルティング企業コンサルティング

    後継者への事業承継を円滑にするためには、後継者対策、株価対策、組織再編対策などの企業コンサルティングを徹底して実施していくことが重要です。

  • コンサルティング事業コンサルティング事業

    コンサルティング事業とは、企業の経営コンサルティングそれ自体を業として行うことで、主に下記のようなサポートがあります。 ●営業活動支援 ●商品戦略支援 ●マーケティング支援 ●経営マネジメント支援

  • 専門コンサルティング専門コンサルティング

    経営コンサルティングの幅は広く、対象となる企業によっては高度な専門知識が問われます。そのため、それぞれの業種や業態に強い専門コンサルティングが求められます。

  • M&AセンターM&Aセンター

    日本M&Aセンターとは、M&Aによって企業の存続と発展に貢献することを目的とした上場企業です。事業承継によるM&Aなどを得意としています。

  • M&A 企業M&A 企業

    M&Aとは、企業の買収や合併の総称です。相続においては、事業承継の一つの手法として、事業自体を他の企業に売却するという方法があります。

  • M&A事業M&A事業

    M&Aによる事業譲渡は、後継者が不在の企業にとって非常に有効な対策となります。M&Aにより事業を存続させることで、既存社員の雇用維持や関係取引先との関係維持などが可能となります。

  • M&A支援M&A支援

    M&Aによる事業譲渡は、売手と買手のニーズが一致する必要があります。適切な条件でM&Aを成立させるためには、M&Aコンサルタントの適切な支援が必要不可欠です。

  • M&AについてM&Aについて

    相続人が事業を継承することができない場合は、その事業を引き継いでくれる企業を見つけ、M&Aによって事業ごと売却する方法があります。

  • M&AするM&Aする

    M&Aを実現するには、事業を売却する売手側と事業を引き継ぐ買手側を結びつける仲介役の存在が必要不可欠です。M&Aコンサルタントとしては、税理士、会計士、弁護士、経営コンサルタント会社などがあります。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 税務申告書税務申告書

    企業が作成する税務申告書には下記のようなものがあります。 ●法人税...

  • 相続税軽減相続税軽減

    相続税を軽減する方法には、以下のようなものがあります。 ●生前贈与...

  • 相続 必要書類相続 必要書類

    遺産を相続する際に必要となりうる書類は下記の通りです。 ●遺産分割...

  • 税理士 中小企業税理士 中小企業

    中小企業の財務会計や管理会計は、税理士が最も得意とする分野です。専...

  • 内縁 相続内縁 相続

    被相続人と内縁関係にあったとしても、正式に婚姻し戸籍上夫婦として成...

  • 中小企業 サイト中小企業 サイト

    中小企業の事業承継を専門に扱うサイトは、税理士事務所、会計事務所、...

  • 経営コンサルティング経営コンサルティング

    経営コンサルティングとは、企業からの依頼に応じて企業経営に関する分...

  • M&A株式会社M&A株式会社

    M&Aの支援を事業としている株式会社も多数存在します。これらの株式...

  • 再婚 相続再婚 相続

    再婚している場合でも、前妻との間に子供がいる場合は、その子供にも、...

相続に関する遺言書作成、納税資金対策、争族対策、税務会計の対応はアシスト合同事務所。

ページトップへ