財務会計業務/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|財務会計業務

財務会計業務

財務会計とは、企業の現状を反映する決算書類などの財務諸表を作成するための基礎となる会計業務で、企業の経営状態を株主や債権者などの利害関係人に開示することを目的としています。財務諸表は、企業の支払能力や収益性を外部に示すいわば「企業の顔」であり、とても重要なものになります。
財務会計によって作成する財務諸表の中で特に重要なものは下記の2点です。

■貸借対照表
企業のその時点における資産、負債、純資産などの状態を表す財務諸表で、主に決算時に作成します。バランスシートとも呼ばれています。株式会社の場合は、外部に経営状態を示すためにインターネットや官報などへの公開が義務付けられている重要な書類です。貸借対照表を見れば、企業の資産や総資本(買掛金、社債、短期、長期借入金、資本金、利益準備金、利益余剰金など)がわかります。

■損益計算書
貸借対照表が企業のある一時点の状況を表しているのに対し、損益計算書はある「一定期間」の収益と費用を表しています。企業の経営成績を確認するための非常に重要な財務諸表です。また、複数の損益計算書を期間ごとに見比べることで、企業の業績推移を知ることができます。

このように財務会計によって作成する財務諸表は、いわば発生した事象に対し事後的に作成することで企業の経営状態を明確にするのに対し、もう一つ重要な会計業務として「管理会計」というものがあります。

■管理会計とは
財務会計が外部に向けての開示を目的としているのに対し、管理会計は企業内で経営判断を行うための、いわば内部資料を作成することを目的としています。財務会計で作成した財務諸表を基にデータを集計、分析、加工を行いレポートを作成し、それを基に今後の経営判断を行います。企業の経営結果を示すための財務会計とは違い、管理会計は企業の将来を創造するための事前対策としての意味合いがあります。

企業の会計業務は、この財務会計と管理会計を充実させることがとても重要です。これらの精度を向上させることが経営状態の改善や事業促進につながります。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 事業承継とは事業承継とは

    事業承継とは、現経営者から後継者へ事業の引き継ぎを行うことで、主に...

  • 株 相続株 相続

    株式も相続財産となり遺産分割の対象となります。例え譲渡制限株式でも...

  • コンサルティング 中小企業コンサルティング ...

    中小企業の場合、経営状態や財務状況を客観的に分析するために、税理士...

  • 企業コンサルティング企業コンサルティング

    後継者への事業承継を円滑にするためには、後継者対策、株価対策、組織...

  • 相続税 改正相続税 改正

    平成27年からの相続税の改正点について 1:基礎控除 ●改正前 基...

  • 相続 養子相続 養子

    養子は遺産相続において、実子と全く同じに扱われます。また、養子に行...

  • 墓地 相続墓地 相続

    お墓や墓地は祭祀財産となり、相続税は課税されません。そのため、予め...

  • 金庫株の活用金庫株の活用

    ●金庫株とは? 株式を発行した会社自身が取得した株式のことを「自己...

  • 税務申告書 様式税務申告書 様式

    税務申告書の各種様式は、税務署の窓口や国税庁のホームページの「申告...

財務会計業務|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ