会社法対応/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|会社法対応

会社法対応

会社に関する法律としては、商法や商法特例法など多くのものがありますが、平成18年5月1日に会社法が施行され、会社に関する法律がここに集約されました。これにより会社設立時の定款の自由度が大幅に広がり、個々の会社にあった機関設定、組織再編が可能になりました。

〜会社法が会社設立に影響を及ぼすポイントについて〜

会社法の施行により、会社設立の実務が簡素化され以前よりも起業しやすい環境になりました。主な変更点としては次の通りです。
■最低資本金制度の廃止
会社法が施行される前の商法では、株式会社であれば1,000万円の資本金がなければ会社を設立することが出来ませんでした。会社法ではこの制限を撤廃することで、少額資産でも会社が設立出来るようになりました。

■振込金保管証明書の廃止
従来までは資本金を預入た銀行から振込保管証明書を発行してもらなければならず、これに多くの時間と労力がかかっていました。ですが会社法が出来たことにより、残高証明で足りることになり、会社設立までが格段に早くなりました。

さらに、会社法の施行により、新たに会計参与制度が導入されました。
会社法ができる以前は、中小企業の会計監査は「監査役」が行っていました。しかし、監査役自体には資格制限が設けられていないため、事実上形だけ置かれていて機能していない中小企業も多くありました。
会社法はここにメスを入れ、会計参与制度を導入しました。会計参与は、他の役員から独立した立場で主として下記の職務を行います。
■会計参与の職務について

・計算書類の各種作成、開示
・会計参与報告
・取締役会、株主総会での意見陳述

なお、会計参与には資格制限があり、税理士、税理士法人又は公認会計士、監査法人に限られます。設置自体は任意ですが、会計参与を置くことで、社会的な信頼性が増し、融資などの優遇が受けられる場合もあります。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 経営コンサルティング経営コンサルティング

    経営コンサルティングとは、企業からの依頼に応じて企業経営に関する分...

  • 社長の相続社長の相続

    オーナー社長が死亡した場合は、社長という地位を相続人が直接承継する...

  • 事業承継支援センター事業承継支援センター

    東京事業承継支援センターとは、国が運営する事業承継の相談窓口で、主...

  • 法人 税務申告法人 税務申告

    法人税は、自ら納税者が税務署に申告する「申告納税」となっています。...

  • 生前贈与生前贈与

    〜相続税対策に大きな効果を発揮する「生前贈与」とは?〜 ■生前...

  • 税理士 中小企業税理士 中小企業

    中小企業の財務会計や管理会計は、税理士が最も得意とする分野です。専...

  • 中小企業 相談中小企業 相談

    中小企業の相続に関するご相談については、相続税や贈与税、所得税に関...

  • 専門コンサルティング専門コンサルティング

    経営コンサルティングの幅は広く、対象となる企業によっては高度な専門...

  • 株式の相続株式の相続

    上場株の場合は、市場取引相場をもとに評価額を割り出し相続税を計算し...

会社法対応|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ