企業再編税務/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|企業再編税務

企業再編税務

合併、会社分割、株式交換などの組織再編と税務は密接に関わっています。
組織再編は、「企業グループ内の組織再編」と、「共同事業を行うための組織再編」に大別され、それぞれ税務が異なってきます。中でも、組織再編の当事法人に係る法人税は特に重要で、組織再編によって移転する資産の譲渡損益の取り扱いには注意しなければなりません。
通常、組織再編を行った場合、原則的には時価での売買がされたとみなされますが、一定の要件を満たした組織再編の場合にのみ簿価での譲渡(課税の繰延)が認められます。これを「適格組織再編」と言います。

■適格組織再編とは?
一定の要件を満たした組織再編については、資産を帳簿価額で移転したものとして譲渡損益の認識を繰り延べることが出来ます。適格要件を満たさない組織再編については資産を時価で引き継ぐことになります。

■適格の要件について
適格組織再編と認められるためには、以下に該当するすべての要件を満たす必要があります。
〇100%グループ内再編の場合
・金銭その他の資産の支払いがない。

〇50%以上100%未満グループ内再編の場合
・金銭その他の資産の支払いがない。
・移転事業の主要な資産・負債の引き継ぎがある。
・概ね80%以上の従業員の引き継ぎがある。
・事業の存続が見込まれている。

〇共同事業再編の場合
・金銭その他の資産の支払いがない。
・移転事業の主要な資産・負債の引き継ぎがある。
・概ね80%以上の従業員の引き継ぎがある。
・事業の存続が見込まれている。
・関連事業の売上・従業員数が概ね5倍を超えないか、再編当事法人双方の役員が再編後も事業運営に参画するかのいずれかを満たしている
・発行済株式総数の80%以上を継続保有することが見込まれる。

■適格再編のメリット
適格再編の要件を満たした場合は、次のような税務上の優遇措置が受けられます。
・組織再編の際の移転資産の譲渡益課税の繰延。
・繰越欠損金の引き継ぎ。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • M&AについてM&Aについて

    相続人が事業を継承することができない場合は、その事業を引き継いでく...

  • 相続税改正のポイント相続税改正のポイント

    〜相続税改正で何が変わった?〜 平成27年1月から相続税制が改正さ...

  • 税務申告書税務申告書

    企業が作成する税務申告書には下記のようなものがあります。 ●法人税...

  • 贈与税贈与税

    生前に財産を他人に譲り渡した場合は「贈与税」がかかります。但し、贈...

  • 中小企業M&Aサポート中小企業M&Aサポート

    中小企業のM&Aは、売手と買手を結びつけるコンサルタントの存在がと...

  • 中小企業 サイト中小企業 サイト

    中小企業の事業承継を専門に扱うサイトは、税理士事務所、会計事務所、...

  • 登記 相続登記 相続

    不動産を相続した場合は、「相続登記」をする必要があります。 相続登...

  • 企業再編税務企業再編税務

    合併、会社分割、株式交換などの組織再編と税務は密接に関わっています...

  • 中小企業相談センター中小企業相談センター

    中小企業の経営について相談する窓口として、中小企業庁が運営する「中...

企業再編税務|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ