相続財産の有効活用/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|相続財産の有効活用

相続財産の有効活用

将来次の世代へと引き継ぐことになる「相続財産」を、生前に有効活用する事でより多くの資産を残せるとともに、相続税の課税負担を最小限に抑えることができます。
相続財産の有効活用として最も効果があるのが「不動産」です。

■有効活用1:現金を不動産に変える。
相続税対策の基本である「財産の評価額を引き下げる」目的で不動産を購入します。例えば、1億円の現金資産を相続開始までそのまま保有していると、相続税評価額も1億円でそのまま評価されてしまいます。けれども1億円で不動産を購入した場合その評価額が大幅に抑えられるため、相続税を大幅に軽減することが可能です。

特に有効な不動産として昨今注目されているのが「タワーマンション」です。タワーマンションはその他のマンションに比べ、土地部分の持分割合が非常に低く抑えられるため、より節税効果が高くなります。さらに建物部分を評価する固定資産税評価額は、階層によって異ならないため、出来る限り上層階の物件を購入するとより節税効果がございます。

■有効活用2:遊休地の活用
既に不動産を所有している場合は、それを有効活用する事で税金の発生を抑えたり、より多くの資産を形成する事が出来ます。特に遊休地になっている土地を所有している場合は、そこに賃貸住宅を建築する事で固定資産税を大幅に抑えられる他、将来の評価額も大幅に抑えられます。

さらに、賃貸住宅からは「家賃収入」が発生するため、さらに多くの資産を形成すことも可能になります。なお、駐車場を経営するという方法もありますが、税制上の優遇措置がほとんどないため、立地条件がよければ賃貸経営に切り替えることも有効な手段の一つです。

■有効活用3:等価交換
所有する土地を提供し、業者にマンション等を建設してもらい、できたその建物のうち土地を提供した分の割合で取得するという方法です。自己資金がない場合でも可能ですが、反面土地を手放すことになりますので慎重な判断が必要となります。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 新会計基準対応 新会計基準対応

    〜新会計基準とは〜 従来までの日本の会計基準を国際基準に近づけるた...

  • 中小企業経営者のための事業承継対策中小企業経営者のた...

    「中小企業経営者のための事業承継対策」とは、独立行政法人中小企業基...

  • 企業支援企業支援

    会計業務に関する企業支援の内容としては、主に下記のような業務があり...

  • 遺産贈与税遺産贈与税

    贈与税は、贈与する金額に応じて税率が変わります。これを暦年課税と言...

  • M&AするM&Aする

    M&Aを実現するには、事業を売却する売手側と事業を引き継ぐ買手側を...

  • 税務相談 確定申告税務相談 確定申告

    2箇所以上から給与を得ている場合や、不動産収入がある場合などは確定...

  • 税理士事務所経営税理士事務所経営

    税理士事務所の経営を安定させるためには、確定申告や決算申告などのス...

  • 国税調査とは国税調査とは

    提出された申告書の内容に間違いがないか、実際に納税者の自宅や企業ま...

  • 事業承継支援センター事業承継支援センター

    東京事業承継支援センターとは、国が運営する事業承継の相談窓口で、主...

相続財産の有効活用|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ