相続税改正のポイント/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|相続税改正のポイント

相続税改正のポイント

〜相続税改正で何が変わった?〜
平成27年1月から相続税制が改正され、大きな話題を呼んでいます。改正のポイントは大きく分けて2つあります。
■基礎控除枠の縮小
まず、一番注目すべきは、従来まであった相続税の基礎控除枠を大幅に縮小した事です。具体的には次のように変更されました。

改正前:5.000万円+1.000万円×法定相続人の数
改正後:3.000万円+600万円×法定相続人の数

具体例:例えば夫が死亡し、妻、子供二人が相続人となる一般的なケースにおいて、従来までは、8.000万円までが非課税でした。しかし、改正後に死亡した場合は4.800万円に大幅に縮小される事となります。これは非常に深刻な問題です。約6割も基礎控除額が縮小されると、都市部で自宅を相続する際に大きな相続税負担が発生する可能性が出てきます。何より、これまで相続税対策をした事がないような世帯についても、今後対策をとっていかなければ、将来発生する相続税が大きな負担となります。

■税率の上昇
そしてもう一つ重要なポイントは、相続税率の最高税率の上昇です。従来までは、相続税の最高税率は、3億円以上で50%の税率が最高でした。これでも十分高い税率ですが、これが改正により6億円を超えた場合は、55%まで引き上げられる事になりました。さらに、2億円〜3億円以下の相続財産の場合も、従来までは40%だった税率が45%に上方修正されます。かなりの財産をお持ちの方が対象となる事ではありますが、それにしても非常に大きな負担となる事は間違いありません。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 新会計基準対応 新会計基準対応

    〜新会計基準とは〜 従来までの日本の会計基準を国際基準に近づけるた...

  • 税務調査 対策税務調査 対策

    税務調査対策としては、日頃から正しい記帳を行うとともに、税務申告書...

  • 事業継承税制事業継承税制

    ~事業継承税制の詳細について~ ●相続税の納税猶予制度 相続によっ...

  • 賃貸住宅の建築賃貸住宅の建築

    〜賃貸住宅の建築による、相続税対策〜 更地など遊休地を所有している...

  • 事業継承 事業承継事業継承 事業承継

    ●事業承継と事業継承の違いとは? 事業承継も事業継承もよく使われる...

  • 法人税 申告方法法人税 申告方法

    法人税申告は、申告書を作成して申告する前に、次のような業務が必要と...

  • 中小企業向け中小企業向け

    中小企業向けの相続対策としては、後継者への株式移転とそれに伴う株価...

  • 確定申告 法人確定申告 法人

    法人は必ず年に一度法人税の確定申告が必要になります。 ●申告期限:...

  • M&A株式会社M&A株式会社

    M&Aの支援を事業としている株式会社も多数存在します。これらの株式...

相続税改正のポイント|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ