中小企業 税理士/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|中小企業 税理士

中小企業 税理士

税理士が中小企業の会計業務をサポートするうえで作成する書類として、「貸借対照表」や「損益計算書」などがあります。これらの帳票類を参考資料として、経営者が正しい経営判断を行うことが重要です。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • M&AについてM&Aについて

    相続人が事業を継承することができない場合は、その事業を引き継いでく...

  • 生命保険を活用した相続対策生命保険を活用した...

    〜生命保険を利用して納税資金を準備するメリットとは〜 相続税対策の...

  • 内縁 相続内縁 相続

    被相続人と内縁関係にあったとしても、正式に婚姻し戸籍上夫婦として成...

  • 税理士 会計税理士 会計

    税理士が行う会計には、大きくわけて次の2つの種類があります。 ●財...

  • 社長の相続社長の相続

    オーナー社長が死亡した場合は、社長という地位を相続人が直接承継する...

  • M&A 事業承継M&A 事業承継

    事業承継において、後継者が不在の場合はM&Aによって事業を売却する...

  • 中小企業 経営コンサルタント中小企業 経営コン...

    中小企業の経営コンサルタントとしては、経営コンサルタント会社の他、...

  • 債務の相続債務の相続

    相続はプラスの財産だけではなく、マイナスの財産(債務)も相続の対象...

  • 相続税改正に伴う相続税の計算相続税改正に伴う相...

    平成27年1月より相続税の基礎控除額が、下記のとおり大幅に引き下げ...

中小企業 税理士|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ