税務代理/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|税務代理

税務代理

〜税務代理とは?〜
税理士が行う業務にはさまざまなものがあります。一般的によく知られている業務としては、税金の申告書作成やその相談業務等があります。そしてこれら以外にも「税務代理」という業務があります。
税務代理とは、文字通り、本人に代理してさまざまな手続を行う事です。具体的に分類すると主に次の3つです。なお、これらはすべて税理士のみが代理して行える独占業務で税理士法で定められています。

1:申告代理
個人の確定申告や法人の決算申告など、法人税や所得税の納税申告を本人に代理して行う業務です。

2:申請代理
例えば税金を一括で払えない時に行う、納税猶予の申請などがこれにあたります。税金に関して何らかの申請を税務署に対して行う場合に、税理士がこれを代理して行います。

3:請求代理
税務署に対して何かを請求するという事はあまり多くはありませんが、例えば税金の滞納などで何らかの財産を差し押えられた場合に、その差押え資産の変更を請求する場合や、払いすぎた税金を返してもらう更正の請求などがこれにあたります。

そしてさらにもう一つ、税理士が本人を代理して行う業務として「不服申立て」があります。通常、行政機関が下した処分に対する不服申立てについては弁護士や行政書士が専門分野ですが、税務署が下した処分に対して不服がある場合は、担当している税理士がそのまま本人を代理して行う事が出来ます。
なお不服申立てには、処分を下した当該税務署に対して行う異議申立てと、それでも納得出来ない場合に更に行う国税不服審判所に対する審査請求があります。
さらに納得出来ない場合は、税務訴訟を起こす事になります。この際税理士は、補佐人という形で裁判に出廷し、陳述する事が出来ます。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 事業承継 中小企業事業承継 中小企業

    中小企業は、経営者が自ら主体となって事業承継対策に取り組むことが大...

  • 事業承継 コンサル事業承継 コンサル

    事業承継のコンサルティングには、主に以下のようなサポートがあります...

  • 相続税改正に伴う相続税の計算相続税改正に伴う相...

    平成27年1月より相続税の基礎控除額が、下記のとおり大幅に引き下げ...

  • 税務相談室税務相談室

    公益財団法人日本税務研究センターが日本税理士会連合会と連携および全...

  • 賃貸住宅の建築賃貸住宅の建築

    〜賃貸住宅の建築による、相続税対策〜 更地など遊休地を所有している...

  • 社長の相続社長の相続

    オーナー社長が死亡した場合は、社長という地位を相続人が直接承継する...

  • 相続財産目録相続財産目録

    ~財産目録を作成する目的~ 1:財産の全容を把握することで、遺産分...

  • 相続 必要書類相続 必要書類

    遺産を相続する際に必要となりうる書類は下記の通りです。 ●遺産分割...

  • M&A 事業承継M&A 事業承継

    事業承継において、後継者が不在の場合はM&Aによって事業を売却する...

税務代理|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ