税務書類の作成/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|税務書類の作成

税務書類の作成

税務書類の作成とは、税理士が行う業務の中で最も基本とも言える部分になります。税務書類とは主に税金の申告に関する書類のことを指します。いわゆる本人に代行して本人の指示通りに書類を作成する「代書」とは違い、税理士自身の判断によって作成します。裏を返せば、それだけ税理士は重い責任を負っているとも言えます。

〜税理士が作成する書類について〜
〇個人の場合
個人事業主や不動産所得のある人、2箇所以上から給与をもらっている人などは、確定申告を行わなければなりません。確定申告とは、これらの人が納付しなければならない所得税額を確定するために行う手続きです。1月1日から12月31日までの間に発生した収入と支出をすべて計算し、そこに医療費控除や配偶者控除など各種控除を適用した上で所得を算出し、その内容を申告書に記載して税務署に提出することで行います。また、個人事業の場合は決算書なども税務書類にあたります。

〇法人の場合
法人の場合は個人に比べ、さらに作成する税務書類の数が増えます。個人で言うところの所得税は、法人の場合「法人税」にあたります。決算書、中間決算書および法人税、消費税、地方税の確定申告書または予告申告書、償却資産税申告書などが税務書類にあたります。
また、法人の場合は確定申告書以外にも、年末調整や法定調書などが必要になります。

〜年末調整とは〜
会社は従業員の毎月の給与から所得税分を予め徴収しています。ですが、年の途中で扶養家族に変更が生じたり、生命保険や地震保険の控除の適用があった場合、その控除分についてはまとめて年末に再計算して精算しなければなりません。つまり年末に所得税を再計算して調整するので、年末調整と言います。年末調整をする事で多くの方が税金の還付を受けていると思いますが、反対に足りなければ追加で給与から天引きされることになります。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • M&A 企業M&A 企業

    M&Aとは、企業の買収や合併の総称です。相続においては、事業承継の...

  • 税務代理税務代理

    〜税務代理とは?〜 税理士が行う業務にはさまざまなものがあります。...

  • 税務会計事務所税務会計事務所

    税務会計事務所は、税理士や会計士が運営する事務所の呼び方です。税務...

  • M&A事業M&A事業

    M&Aによる事業譲渡は、後継者が不在の企業にとって非常に有効な対策...

  • 事業継承事業継承

    中小企業の主な事業継承形態としては、主に以下のような種類があります...

  • 相続税 改正相続税 改正

    平成27年からの相続税の改正点について 1:基礎控除 ●改正前 基...

  • 中小企業支援中小企業支援

    相続に関連する中小企業向けの支援策としては、以下のようなものがあり...

  • 相続税改正に伴う相続税の計算相続税改正に伴う相...

    平成27年1月より相続税の基礎控除額が、下記のとおり大幅に引き下げ...

  • M&AするM&Aする

    M&Aを実現するには、事業を売却する売手側と事業を引き継ぐ買手側を...

税務書類の作成|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ