現状分析と株価評価/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|現状分析と株価評価

現状分析と株価評価

●相続時の株価評価方法
経営者が死亡した場合は、所有していた自社株式も相続の対象となります。取引相場のない非上場株式は、財産評価基本通達により3つの評価方法が定められています。
1:純資産価額方式
2:類似業種比準方式
3:配当還元方式

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 相続 必要書類相続 必要書類

    遺産を相続する際に必要となりうる書類は下記の通りです。 ●遺産分割...

  • 新大阪 事務新大阪 事務

    アシスト合同事務所は、大阪のほぼ中心部に位置し大阪市営地下鉄谷町線...

  • 新会計基準対応 新会計基準対応

    〜新会計基準とは〜 従来までの日本の会計基準を国際基準に近づけるた...

  • 年金 相続年金 相続

    国民年金、厚生年金の支給は後払い制のため、年金受給者が死亡した場合...

  • 中小企業 相続中小企業 相続

    もしも中小企業において現経営者が死亡すると、遺産相続の問題が発生し...

  • 事業継承 税金事業継承 税金

    事業を継承するには、現経営者が保有している自社株式を後継者に移転す...

  • 小規模宅地の特例小規模宅地の特例

    一家の大黒柱がお亡くなりになられ、相続が開始した場合に、残されたご...

  • 税務申告書税務申告書

    企業が作成する税務申告書には下記のようなものがあります。 ●法人税...

  • 中小企業 経営改善中小企業 経営改善

    中小企業の経営改善を支援する機関として、「経営革新等支援機関」があ...

現状分析と株価評価|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ