金庫株の活用/アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|金庫株の活用

金庫株の活用

●金庫株とは?
株式を発行した会社自身が取得した株式のことを「自己株式」と言い、これを俗に「金庫株」と呼んでいます。
自社株式を相続することになった相続人が、会社自身に金庫株として買い取ってもらうことで、その買取代金を納税資金等に充てることができます。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 税務相談税務相談

    税理士が行う業務のうち、何かを直接作成したり、提出、申請、請求した...

  • 贈与 手続き贈与 手続き

    ~贈与する際の手続きについて~ 財産を他人に贈与する際には、次のよ...

  • 事業承継 中小企業事業承継 中小企業

    中小企業は、経営者が自ら主体となって事業承継対策に取り組むことが大...

  • 事業承継とは事業承継とは

    事業承継とは、現経営者から後継者へ事業の引き継ぎを行うことで、主に...

  • 税務調査税務調査

    税務調査とは、提出した申告書の内容が事実と合致しているかどうかを確...

  • 税理士 起業税理士 起業

    税理士に会社設立などの起業に関する相談をするメリットは、「税務に強...

  • 相続財産目録相続財産目録

    ~財産目録を作成する目的~ 1:財産の全容を把握することで、遺産分...

  • 株式の相続株式の相続

    上場株の場合は、市場取引相場をもとに評価額を割り出し相続税を計算し...

  • M&A株式会社M&A株式会社

    M&Aの支援を事業としている株式会社も多数存在します。これらの株式...

金庫株の活用|アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ