セカンドオピニオン /アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)|セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

相続税の申告は、通常の確定申告と違い非常に高度な税務知識と実務経験を必要とします。特に不動産の評価が適切にされていない場合は、必要以上に高い相続税を知らず知らずのうちに支払っている可能性があります。
そこで、相続税申告したあとに、別の税理士にセカンドオピニオンとして申告内容を客観的に確認してもらうことも重要です。万が一減額できる要素があれば修正申告をして還付を受けられることもあります。

アシスト合同事務所が提供する基礎知識と事例
  • 税理士事務所経営税理士事務所経営

    税理士事務所の経営を安定させるためには、確定申告や決算申告などのス...

  • 税務調査税理士報酬税務調査税理士報酬

    税務調査を税理士に依頼した場合の税理士報酬については、大きく分けて...

  • 登記 相続登記 相続

    不動産を相続した場合は、「相続登記」をする必要があります。 相続登...

  • 社長の相続社長の相続

    オーナー社長が死亡した場合は、社長という地位を相続人が直接承継する...

  • 税務システム税務システム

    法人税、所得税、相続税の税務申告や、給与計算、減価償却などの税務処...

  • 事業継承 税金事業継承 税金

    事業を継承するには、現経営者が保有している自社株式を後継者に移転す...

  • M&A事業M&A事業

    M&Aによる事業譲渡は、後継者が不在の企業にとって非常に有効な対策...

  • 債務の相続債務の相続

    相続はプラスの財産だけではなく、マイナスの財産(債務)も相続の対象...

  • コンサルタント 中小企業コンサルタント 中小企業

    中小企業のコンサルタントとしては、税理士、会計士、弁護士、中小企業...

セカンドオピニオン |アシスト合同事務所(大阪、奈良/兵庫、京都)

ページトップへ